1GBのUSBメモリー(2017/12/13)

0

    先日、CDプレヤーの壊れた古いミニコンポが手に入り、アンプの部分は壊れていないので、このまま捨てるのはもったいない
    外部入力に何かを接続すれば、アンプとして使える
    前面パネルにUSB端子があったので、試しにUSBメモリー(4GB)に音楽データを入れて端子に挿してみた
    USBメモリーは認識するけれど、「ファイルが無い」と表示


    ファイルの形式を変えたり、色々試してみたけれど駄目!


    次に、カードリーダーに1GBのコンパクトフラッシュを入れてみると、その中にあったMP3のデーターは再生出来る
    どうやら、アンプが古くて1GB以下でなければ使えない様で、それで、昨日、日本橋で1GBのUSBメモリーを探してみた


    しかし、最近は4GBが最低
    何軒かお店をまわったけれど、見つかりませんでした


    4GBで数百円


    昔、「メモリーも安くなった 1MB(1Gの1/1000)で1万円を切った」と言っていたのはいつのことか?

     

     

     

     


    ミュージアム(2017/12/11)

    0

      私の机の上の小さな博物館に、また仲間が一つ増えました

       


      私はカメラが趣味と言うわけでは無いけれど、古いカメラは最近のデジタルカメラとは別な、形の美しさがありますよね
      ボタンの少ないデジタルカメラと違って、全てを手でダイヤルを回して設定しなければなりません
      そのメカニックさに魅かれます


      Konica
      ネットで調べると、1955年発売
      ほぼ私と同年代

       


      ケースも年季が入っていい風合いが出ています

       


      こう言うのを構えて触っていると、何故か落ち着きます

       

       


      '(2017/12/10)

      0

        今、新しいKaguyaを製作中です
        少しデザインを変えました
        type-垢噺世Δ曚匹任呂覆い韻譴


        この間、パンフレットを作ったばかりなのに


        「予告なく仕様を変更することがあります」
        の一文を入れるのを忘れていました


        Kaguya type-mk'

         

         

         


        来月の27日(2017/12/8)

        0

          今日は、大変うれしい、ありがたい連絡をいただきました
          来年の話なんですが、はっきりしたらご報告させていただきます


          それで、先ほどから、店は写真スタジオになって、Kaguyaを撮影しているんだけれど、オートでは思った様に撮れなくて、マニュアルにすると、どう設定して良いのかわからない
          日頃はシャッターを押すだけですからね


          店の、私の机の前の棚には古いカメラが数台あって、交換レンズも数個あるので、それを見たお客様は
          「カメラもやられるんですね」
          と言ってくれるのですが、カメラは飾っているだけなんです


          昔は学生の頃は、一眼レフのカメラに憧れたけれど、そんなお金はなかったし、当時、小遣いはほとんどレコードに消えていました


          棚に飾っているのは、その頃の憧れのカメラだったので、時々、手に取ってシャッターを押してみたりするだけ


          取りあえず、設定を少しずつ変えて数十枚の写真を撮って、その中から、一番良いと思うものを選びました

           


          和歌山ー東京ドライブ(2017/12/7)

          0

            先週の月曜日から水曜日にかけて行ってきた東京の「プレミア和歌山」とは別のお話


            今年は今回で4度目の東京でした、いつもは飛行機で、時間通りに飛行機やバスに乗りさえすれば良かったのですが、今回はKaguyaを計3組とアンプ、CDプレーヤー等の機材を持って行かなければならなかったので、車で行ってきました


            自分で運転して車で行くのはこれが初めて、長時間、長距離の初めてのドライブは少し不安で、数日前まで、荷物を送っておいて飛行機で行こうか迷っていました


            月曜日は、夜6時までに高円寺に着けば良かったのですが、余裕を持って、朝6時に家を出ました
            京奈和道を走っていて、高野口近くまで来た時、前の方が白くなってきました
            やがて、周りは真っ白、景色はほとんど見えず、前の車のテールランプを頼りに付いていきました
            それは、途中で少し薄くなることはありましたが、名阪国道にに入ってしばらくすると、また、霧が出てきました
            しかし、東名阪に入る頃には、すっかり視界も良くなり、日差しも挿してきました


            東名阪から伊勢湾岸道路、そして新東名を走っている時、突然、近くの山の間から富士山が見えました
            富士山は他の山とは全く違う!!
            新東名は富士山の麓を回り込むように通っているんですね、見えなくなることもあるけれど、また現れました


            午後2時頃に東京に着いて、先ず、赤坂の「器ながや」さんに新しいパンフレットを届け、それから試聴会の会場がある高円寺に向かいましたが、試聴会までには、未だ時間があって、どこかで時間をつぶそうと車を走らせましたが、東京の道路って曲がりくねっているんですよね


            多分、江戸時代、敵から攻め込まれ難い様に、道路を直行させずに、狭く複雑にしていて、その名残が未だに続いていると言うことでしょうか?
            和歌山でなら、曲がり角を通り過ぎても、次の交差点を曲がって、すぐに修正できますが、東京で、間違ってしまうと、元に戻るのが大変!!


            月曜日の夜は高円寺の駅の近くで試聴会をして、ホテルは駅の上を予約していました
            しかし、駐車場は決めていなかった
            試聴会を終えて9時過ぎから、駐車場を探しながら車を走らせていると、どんどんホテルから離れていってしまう
            駐車場はいくらでもあるけれど、出来るだけ安いところを見つけたい
            結局、歩いて数分のところに、一晩で1000円のところを見つけたけれど、偶然でした


            これを教訓に、次の日は昼過ぎに椿山荘に行けばよかったので、その前に、その日の宿泊予定の目白のホテルに行って、周辺の駐車場を探しました
            そして、近くに3か所ほど見つけ、ナビにマークしておきました


            その後で、椿山荘に行くと、少し早くて、午前10時前、プレミア和歌山のスタッフの方は既にいらっしゃったので、スピーカー機材一式を下ろし、ホテルの駐車場に車を入れました


            今回、東京まで車で行ってわかったこと


            前もって、駐車場を見つけておくこと


            そして、やはり、そろそろスマートフォンにしなければいけないかな〜


            そうすれば、古いナビに文句を言いながら走らなくても良いし、ネットにつながれば、開いている駐車場も検索できる
            それに、最近、、ネットで連絡をくれる人も多いんですよね
            そうなんです、私の携帯電話は未だにガラ軽

             

             


            プレミア和歌山PRイベント(2017/12/4)

            0

              3人の名前が呼ばれ、ステージに出ていきました
              続いて私の名前が呼ばれ、私はスピーカーを持って出ていきました
              その前に、iPodの電源は入れていて、BluetoothをOn、曲も選曲してそのままポケットに入れていました


              前の3人がインタビューに答えている間に、私はスピーカーのデモの準備
              アンプからケーブルを伸ばし、スピーカーに接続、アンプのボリュームを絞り電源ON、Bluetoothの接続完了音が聞こえない様に、しばらく時間を置いてボリュームを上げ、ステージ上の私の立ち位置まで行き、順番を待っていました


              リハーサル以上に、スムーズに事が運びましたが、心配なのは、アンプの起動音とBluetoothの接続音を聞いていないこと
              音は出るのか?
              私の順番が来るのを待ちながら、そのことだけが心配でした


              iPodを見ると画面が消えている!
              パスコードを入れ起動、選曲した画面を確認


              そして残間委員長が私の前に来てKaguyaのことを話し始め
              「先ずは、音を聴いていただきましょう」と言う合図で、私はiPodの画面にタッチ
              直ぐに曲が流れ始めました
              しばらくして、残間さんが話し始めると、ボリュームを絞ってフェイドアウト
              リハーサルでは一度も出来なかったスムーズな流れでした
              気になっていたことが満点の出来だったので、その後、何を聴かれて、どう答えたのか?忘れてしまいました


              セレモニーが終わり、場所を隣の部屋に移して、18時30分から「プレミア和歌山」メディア向けレセプション
              広い会場の壁際に、会場を一周する様に四角いテーブルが並び、それぞれにプレミア和歌山認定品が並びます
              その一つが私の竹スピーカーKaguyaの展示、お隣がタワシの株式会社コーゾーの高田さん


              会場の中には丸テーブルがいくつも置かれ、美味しそうな料理や飲み物が並べられていました
              レセプションが始まると、私のところにも大勢のメディア関係の方が来てくださいました


              女性の方も興味を持ってくださる方が多かったし、中には個人的に欲しいと、かなり長い時間聴いてくださる方もいらっしゃいました
              これからが楽しみです


              20時頃に全て終了、持ってきたものを全て箱に入れ、車に積み込んで、その日は近くのホテルに泊まり、翌朝、来た時と逆のルートで帰ってきました


              全て終わって、帰りは少し旅行気分、途中のサービスエリアでは富士山がきれいに見えました

               

               


              プレミア和歌山椿山荘当日(2017/12/2)

              0

                昨日の続きですが、それ程興味深いお話でもありません
                中身のあるお話は、是非


                http://www.heart-to-art.net/BLOG/art-activities/take-speaker-0037/


                をご覧ぐださい


                池袋の駅近くでお昼を食べ、近くをうろうろしていましたが、歩き回っているのにも疲れ、2時頃には椿山荘に戻ってきました


                しばらくすると、同じ、今年の「プレミア和歌山」受賞者の方々も会場に来られました
                同じ年度の受賞者同士、年齢は違っても同期生の様な気がするのは私だけかな?


                プレミア和歌山セレモニーは17時30分から、壇上に県知事、残間恵理子審査委員長、プレミア和歌山パートナーの方達がいらっしゃる中、私たち受賞者も壇上に呼ばれ、一人一人残間委員長からインタビューがありました


                本番の前に、リハーサルが何度も繰り返されました
                私は、4人の最後、私だけは、スピーカーを持ってステージに出ていきます
                スタッフの方が一人手伝ってくれて、ステージの上にKaguyaを2台並べます
                アンプをつなぎ、電源を入れて、iPodTouchのBluetoothの認識をさせ、曲を選んで再生する
                これはけっこう時間がかかる作業です
                リハーサルでは認識音が出ましたが、仕方がありません
                リハーサルが何度も繰り返され、その度に、スピーカーを移動、アンプとの結線、取り外し


                さて、いよいよ、本番前、私の前に壇上に上がる3人は、私の準備が終わるまで、時間稼ぎをしてくれると言ってくれました
                会場には、約230人のメディア関係者の方々がいらっしゃると言うことでした
                私は、無事、音が出るかどうか、心配で、緊張している余裕はありませんでした


                続く

                 


                「プレミア和歌山」椿山荘(2017/12/1)

                0

                  今週は、月曜日から東京に行ってきました、帰ってきたのは水曜日の夜


                  以前は新幹線を使っていましたが、最近は安い飛行機を使っています
                  今回は、初めて車で行きました


                  いつも愚痴っている様に、私の車のナビは古いので、京奈和道はありません
                  妻が一緒に行ってくれて、前もって、下調べをしていてくれていて、助手席でナビをしてくれました


                  朝6時に出発、京奈和ー西名阪ー東名阪ー伊勢湾岸道ー新東名ー東名、途中、沼津で休憩して東京に着いたには2時過ぎ
                  赤坂の「器ながや」さんに寄って、Kaguyaのパンフレットを渡し、それから試聴会の会場がある高円寺に向かいました


                  試聴会の会場を借りているのは午後6時からでしたが、4時頃に着いてしまい、時間つぶしと早い目の夕食を取るためにファミレスに行きました
                  6時過ぎに会場着、試聴会のお客様は多くはなかったのですが、濃い内容になりました
                  その時の様子は、ハートトゥー・アートの渡辺さんがネットにアップしてくれています


                  http://www.heart-to-art.net/BLOG/art-activities/take-speaker-0037/


                  試聴会終了後、高円寺の駅の上のホテルに泊まり、翌朝、「プレミア和歌山」PRイベントの会場の椿山荘に向かいました
                  10時頃に、椿山荘に到着、スピーカー2組とアンプ等機材を下ろし、セッティングをしようと思ったのですが、未だ会場の準備が出来ていなくて、午後3時頃からならセッティング出来ると言うことで、昼食と時間つぶしに、地下鉄で池袋に行きました


                  続く

                   

                   


                  Kaguya試聴会(2017/11/24)

                  0

                    来週の月曜日、27日の夜、東京、高円寺で竹スピーカーKaguyaの試聴会を開催させていただきます
                    もう何回も書いているので、改めて、書くことも無いのですが、この試聴会は、東京の杉並を中心に様々な芸術活動を支援されているハート・トゥー・アートの代表、渡辺さんの全面的ご協力で実現することになりました


                    そして、その試聴会の紹介ページを作って下さって、私自身、読ませていただくと、自分自身を振り返る様です


                    http://www.heart-to-art.net/take_speaker_kaguya_listening2017.html

                     


                    準備(2017/11/23)

                    0

                      夏休みの登校日の前に、あわてて宿題をしている小学生の気分です
                      東京に持って行くのを明日中には仕上げられるかな?と言う状況です
                      と言っていると明後日になってしまう


                      スピーカーだけではない、会場でのディスプレイのパネルやその他資料も用意しなければ
                      スピーカーは出来ても梱包をしなければ
                      これがけっこう大変!!


                      後、3日

                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM