立体写真の撮り方など(2010/9/1)

0
    昨日は定休日で立体写真撮影に、大阪市内まで出かけようと思ったのですが、あまりの暑さに、途中で挫折してしまいました
    そこで、その途中で撮影して、帰ってきて3D写真に加工してみたのですが、あまり良い出来ではありませんでした
    立体写真には、大きな景色より、距離感のある様々な被写体が同時に存在している必要があります
    それには、街中の方が適していると思ったのと、車の走っている道路は写っていない方が良い
    これは2台のカメラで同時にシャッターを切る場合は問題が無いはずですが、横にスライドさせると、少しの時間でも車は動いていて、立体に加工した時、そこだけ光った様に見え不自然になります
    先日、カメラをスライドさせるのは右から左に移動するより、左から右の方が良いかもしれないと書きましたが、やってみると、その通りでした
    しかし、手持ちでカメラを移動させると、どうしても自分を中心にカメラを振ってしまい、平行移動は難しい様です
    これはある程度訓練すれば、良くなるかもしれませんが、やはり、カメラを平行移動させる器具が欲しいところです

    こんなことを色々考えているより、安いカメラを2台手に入れる方が良いかもしれません

    昨日は、量販店の店頭で、テレビの画質の比較をしてみました
    シャープのクアトロンは、コマーシャル通り、一番明るく見えました
    丁度、SONYのHX800と並んで展示されていたので、良く見比べる事が出来ました
    明るさはクアトロンの方が明るい、SONYの方が、多分バックライトのLED部分駆動が効いて、黒が締まって、コントラストが良い、Panasonicのプラズマは暗く、コントラストも悪い
    個々のテレビごとに調整をしなければ、本当の画質は分かりませんが、店頭の印象は上記の様な感じでした
    HX800は私の店で見ていても、同じSONYの今までのテレビと比べても格段に画質が良くなったと思います
    しかし、映画を見る時には4倍速のモーションフローを「スムーズ」から「標準」にしなければ、輪郭がはっきりしすぎて、映画が家庭用のビデオカメラで撮影した様になってしまいます

    3Dテレビ用の立体写真を作る(2010/8/25)

    0
      BS11のサイドバイサイドの立体映像を見ていて、これなら自分で立体写真が作れるんじゃないだろうか?
      と思って試してみると、うまく出来ました
      素材は今までと同じ様に、右目用と左目用の写真を撮ります
      出来る事なら、2台の同じカメラを用意して、三脚などに2台並行に固定し、同時にシャッターを押すことが出来れば良いのですが、カメラ一台だと、被写体は出来るだけ、動きの無い物を選びます。
      今までも、裸眼立体視用に、写真を撮ってきましたが、立体テレビ用のものは、今まで以上に正確に撮らなければなりません
      三脚を使わずに、手持ちで撮影すると、どうしても上下のずれが出来てしまうので、後でレタッチソフトなどで修正する必要があります
      最低、三脚を使わなければなりませんが、三脚に取り付けて、カメラを横に並行移動させる様な物が工夫出来ないか?考えているところです。
      カメラの撮影モードは3:4と16:9があれば16:9にします
      左右両方の写真をPhotoShopなどのソフトで画像解像度を横方向だけ50%にします
      左右の写真を一枚に配置し、JPGで保存すると、立体写真のデータが完成です

      3Dコンテンツの自作(2010/8/24)

      0
        3Dテレビをどう楽しむか?
        3Dコンテンツが少なければ、自分で作ってみようと言うことで
        SONYの新製品デジタルカメラに「3D対応スイングパノラマ」と言う機能を使うと、立体写真が撮れるようです
        http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-WX5/feature_4.html

        しかし、新しくカメラを買うこと無く、今あるカメラで立体写真を撮ることは出来ないのか?

        出来ました。
        今日は定休日なので、この辺で

        立体放送

        0
          昨日、テレビで立体映像を放送しているのを見ました
          BS11で「3Dプラネット」「3D立体革命」言う番組で、一度だけの番組ではなく、定期的に放送されている様です
          http://www.bs11.jp/3d/105/
          専用のディスプレイと眼鏡が必要と言うことですが、普通のテレビでは左右の2画面になっているので小さいテレビなら(画面の横の長さが両目の間隔の2倍より小さい)裸眼立体視出来ます
          交差法で放送してくれれば大きなディスプレイでも立体視できるのですが、

          ブルーレイ新製品、BDZ-T55

          0
            T50から比べると、確実に起動時間は短くなったと思います
            T55を通してみると、テレビのチューナーで見るよりきれいに見えるか?と言うと判り難い、良くなった様な気もします
            SONY以外のテレビに接続、或いは、少し、古いBRAVIAに接続すると違いが判るのかもしれませんが、今のBRAVIAはテレビのチューナーも十分きれいですから
            新しい機能の「みどころマガジン」は番組探しの一つのツールだと思いますが、しばらく様子を見てみないと判断できません
            今、わからないのは、「おまかせまる録」で思ったように番組が選べないことです。
            最初、音楽-ライブのキーワードで要らない番組も予約リストに入ってきたので、消していると、色々設定を変えていて、次に起動したときに、必要な予約まで消えてしまったので、「おまかせまる録」のキーワードを変えていると、益々わからなくなってしまいました
            これは、わかった時点で、またご報告したいと思っています

            朝景

            0

              今朝、目が覚めて、窓の外を見ると朝日が雲をしたから照らして、魚の鱗のように雲が光っていました
              こんな光景は初めて見るので、あわててカメラを取りに行き、屋上に出てカメラを構えると、もう、先ほどの光景ではありません
              どのくらいの時間だったでしょう?
              数分も経っていなかったはずです。
              まだ、名残は残っていましたが、その数分前はもっと凄くて、毎朝見ることが出来るものでも無いだろうと思いますし、残念です。
              でも、また見られることを信じて、しばらくは、部屋にカメラを置いて、次回に備えたいと思います。

              ピアノマスター

              0
                以前にも書いたかもしれませんが、ピアノマスターと言うソフトでピアノの練習をしています。
                今まで、一度も教えていただいた経験は無く、パソコンだけが先生ですが、ゲーム感覚で、けっこう楽しく、毎日練習しています。
                しかし、昨日、メトロノーム代わりに鳴る音がピアノと同じ音で、しかも、中央のラの音、それもかなり大きく、とても邪魔になるのです。
                それまでは、それほど気にならなかったので、多分、ピアノの音ではなく「コツ、コツ」と言う音だった様に思います。
                何処かに設定ところがあるはずだと思って、色んなボタンを押してみるのですが、それらしき調整箇所がありません。
                そこで、インターネットでメーカーのページを見ると、何か書いているかもしれないと思って、ソフトのページを開いてみると、アップデータがありました。
                「メトロノームの音の調整が出来る様になった」と書いていたので、すぐにアップデートしました。
                アップデートして、調整を何処でするのかは確認していないのですが、とりあえず、メトロノームの音は消えました。
                教訓!!困ったらメーカーサイト、アップデータの有無、ですね

                ブルーレイおまかせまる録

                0
                  何度も書かせていただいていますが、SONYのブルーレイレコーダーに搭載されている「おまかせまる録」に全ての”デジタル放送”、”ライブ”のキーワードで入れていると、先日、ヴェルビエ音楽祭が録画されていました
                  ヴェルビエ音楽祭なんて私は知らなかったし、番組表のチェックだけでは多分見逃していただろうと思うのですが、見てみると、バルトークの少し前衛的な曲の演奏でした。
                  このような前衛的な作品がテレビで放送されることは少なく、見逃すと、次の機会がなかなか無いのですが、レコーダーが勝手に録画していてくれる「おまかせまる録」はとても便利な機能ですし、私は、もはやこれ無しではレコーダーは考えられません。
                  ビデオが世の中に現れて、タイムシフト(放送時間以外の時間に番組を見る)マシンとして使われることが多くなりましたが、「おまかせまる録」の様な機能が一般的になってくると、放送と言うのはリアルタイムなコンテンツではなくなって、レコーダーに自動的にコンテンツを貯めていってくれる手段になってくるのでしょう
                  ブルーレイが東芝を中心とするHDDVDを抑え次世代レコーダーの中心になりましたが、将来、巨大なサーバーに様々なコンテンツが蓄積され、ネットで好きなときに楽しむことが出来る様になると、レコーダーも必要なくなるのかもしれません。
                  既に、Gyaoでは好きなときに無料で色んな番組を見ることができますし、テレビもインターネットに接続して、パソコンでなくてもネットのコンテンツを楽しむことが出来る様になっています

                  ブルーレイ秋の新製品

                  0
                    矢沢永吉さんがコマーシャルで言っている、「どんなハイビジョンテレビもきれいになる」と言うのは、秋の新製品のSONYのブルーレイレコーダーに搭載されたCREASと言う回路がハイビジョンテレビを高画質化するからです。
                    厳密には、どんなテレビでも、と言うわけではなく、HDMIケーブルで接続されたハイビジョンテレビです。
                    コンポジットは勿論、D端子ケーブルでも駄目です。
                    テレビのメーカーは関係ありません
                    CREASはHD Reality Enhancer回路で圧縮されたオリジナル映像の埋もれてしまったデータを復元、Super Bit Mapping for Vodeo回路では8ビット映像を擬似的14ビット映像に変換し、色諧調64倍のなめらかな映像に出力します
                    これらの機能がHDMIで接続された、全てのハイビジョンテレビに効きますので、既にハイビジョンテレビをお使いの方にも、これから購入される方にも、お使いいただけるレコーダーと言うことになります

                    ビデオプロジェクター

                    0
                      10月20日、SONYからフルHDパネル搭載の新しいビデオプロジェクターが発売されます。
                      やはり、映画は大画面で見たいもの、テレビがいくら大画面になっても、プロジェクターは桁違いに大迫力!!
                      11月20日にはモーションフロー対応のプレステージモデルも発売されます。
                      詳しくは下記のページをご覧ください
                      http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200809/08-0918/

                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM