<< 竹の加工下準備(2010/2/28) | main | Vistaから7へ(2010/3/2) >>

お客様の竹スピーカー1号(2010/3/1)

0


    2010年も今日から3月、早いですね
    昨日、当店のお客様で、昨年より竹スピーカーの製作をされていた方が、完成したので聴いてください、と言うことで持って来られました。
    スピーカの基本原理については私がお話ししたのですが、色々と工夫されていて、凄い力作です
    音は?
    10Cmのフルレンジを使ったものですが、同じユニットで私の作った物より良いのではないかと思いました。
    音がクリアー
    これは、同じユニットと言っても少し型式が新しくなって、ユニット自体改善されているのでしょう
    しかし、それ以上に、エンクロージャーの竹がしっかりしている事が影響していると思います
    私のは立ち枯れて、既に黄土色になった物を、しかも、割れてくるのを止めて、コーキングで埋めているのですが、お客様のは青竹を油抜きし、大きな割れは入っていません
    私のに比べ、低域が少し寂しい様に感じたので、石の台を置いて少し持ち上げてみると、低域も出てきました
    これは、バスレフのポートが下向きに付いているので、スタンドと床の間が狭いと、ポートの効果が少なくなるのではないかと思います
    とにかく、とても良く出来ていて、これからエージングが進むと、もっと気持ちの良い音になるのではないかと思います

    実際には、私と一緒に竹を採りに行き、作り始めた友人のが何本かあって、もう一人他の友人が、手筒花火風のを作ったのを入れると、私以外のでは何作目になるかわかりませんが、当店のお客様としては1作目です

    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM