<< 立体写真撮影にでも行ってみよう(2010/8/31) | main | 写真を保存するフォルダー(2010/9/2) >>

立体写真の撮り方など(2010/9/1)

0
    昨日は定休日で立体写真撮影に、大阪市内まで出かけようと思ったのですが、あまりの暑さに、途中で挫折してしまいました
    そこで、その途中で撮影して、帰ってきて3D写真に加工してみたのですが、あまり良い出来ではありませんでした
    立体写真には、大きな景色より、距離感のある様々な被写体が同時に存在している必要があります
    それには、街中の方が適していると思ったのと、車の走っている道路は写っていない方が良い
    これは2台のカメラで同時にシャッターを切る場合は問題が無いはずですが、横にスライドさせると、少しの時間でも車は動いていて、立体に加工した時、そこだけ光った様に見え不自然になります
    先日、カメラをスライドさせるのは右から左に移動するより、左から右の方が良いかもしれないと書きましたが、やってみると、その通りでした
    しかし、手持ちでカメラを移動させると、どうしても自分を中心にカメラを振ってしまい、平行移動は難しい様です
    これはある程度訓練すれば、良くなるかもしれませんが、やはり、カメラを平行移動させる器具が欲しいところです

    こんなことを色々考えているより、安いカメラを2台手に入れる方が良いかもしれません

    昨日は、量販店の店頭で、テレビの画質の比較をしてみました
    シャープのクアトロンは、コマーシャル通り、一番明るく見えました
    丁度、SONYのHX800と並んで展示されていたので、良く見比べる事が出来ました
    明るさはクアトロンの方が明るい、SONYの方が、多分バックライトのLED部分駆動が効いて、黒が締まって、コントラストが良い、Panasonicのプラズマは暗く、コントラストも悪い
    個々のテレビごとに調整をしなければ、本当の画質は分かりませんが、店頭の印象は上記の様な感じでした
    HX800は私の店で見ていても、同じSONYの今までのテレビと比べても格段に画質が良くなったと思います
    しかし、映画を見る時には4倍速のモーションフローを「スムーズ」から「標準」にしなければ、輪郭がはっきりしすぎて、映画が家庭用のビデオカメラで撮影した様になってしまいます

    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM