<< パンフレット(2017/10/26) | main | パンフレット草稿3(2017/10/28) >>

パンフレットの草案(2017/10/27)

0

    何故、スピーカーに竹を使うのか?と言うご質問を良くいただきます


    少ないけれど、製品としての無指向性スピーカーはいくつかあります
    同じ無指向性スピーカーと言っても、その考え方により、構造がそれぞれ違います


    高域の周波数特性を改善するために、低域用のスピーカーは垂直方向に取り付けられ、ディフューザーで横方向に拡散します高域用のスピーカーは複数使っていて、前後左右に向けられています


    また、別のタイプの無指向性スピーカーはフルレンジのスピーカーをいくつも使って円周上に輪のように並べている
    球形のエンクロージャーに様々な方向に向けてスピーカーユニットを取り付けた物もありました


    無指向性スピーカーを、広い方向に向けて音を出すと言うことから、少し見方を変えて考えてみます


    スピーカーの側から考えて、周囲の広い範囲に音を出すと言うことから、見方を考えて、聴く方の側から考えてみます


    聴く側からスピーカーを見た場合、そのスピーカーに物理的正面があると言うことはおかしい、スピーカーは物理的に360度同じであるべきだ
    そう言うスピーカーを使うことによって良好なステレオ再生が可能である
    そう言う考え方で竹スピーカーKaguyaを設計しています


    今日の話は、パンフレットに書くにはわかりにくいかな?
    もう少し整理する必要がありそうです


    そして、竹を使う理由は、それは次回に

     


    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM