<< 車のキー(2017/12/20) | main | '完成(2017/12/27) >>

当店は何屋さんでしょう?(2017/12/25)

0

    今朝、一人の男の方が店に入ってこられて、中を眺めまわして
    「外装用の両面テープおいてないか?」


    「おいていません、コーナンにいらっしゃったらあると思いますよ」


    この方は、当店を何屋さんだと思ったんだろう?


    確かに、電器屋さんらしくは無い、と自覚しています
    外から見ると、観葉植物が沢山あって竹も置いている


    よく、「何屋さんですか?」と聞かれることがあります


    元は、私の父が地域家電店をやっていて、店を建て替えた時、体調を崩し、当時、オーディオメーカーで働いていた私が帰ってきて、店を手伝い始めました


    最初は1階が家電、2階がオーディオショップ、私はオーディオショップ担当として働き始めたけれど、それまではオーディオメーカーで技術職で、子供の頃から商売をする両親を見てきたとはいえ、全くどうしてよいか分からない
    結局、しばらくして、2階を追い出されることになりました


    商売にも少し慣れ、数年経った頃、世の中にパーソナルコンピュータが出現しました


    大学の頃には、計算機センターと言うビル一つがコンピュータだったのが、机の上に乗る、少し高いけれど誰でも買うことが出来る価格でコンピュータが登場しました


    何が出来ると言うことより、兎に角、コンピュータが欲しかった


    当時、日本の最新型も使ってみたけれど、Apple兇鮓た時はカルチャーショックを受け、コンピュータと言うものはハードだけじゃ駄目なんだ、と言うことを実感しました


    その後、Machintoshが発売され、当店もMacMasterとしてAppleから認定されました


    しかし、iMacの発売を契機にAppleの販売方針が変わり、小さな店ではApple製品の取り扱いが難しくなってきました
    そこで、当店もMacより、SONYのコンピュータVAIOの販売に方向転換
    そのVAIOも、今やSONYから離れ、量販店の店頭ですら見ることが無くなりました


    10年ほど前に、私は陶器でスピーカーを作り始め、1年ほどした時に、偶々、手に入れた竹にスピーカーユニットを組み込んだところ、とても良いものが出来て、それで、それに改良を重ね今に至っています

     


    今、私の店は、竹スピーカーとそれを駆動するための機器、LPレコード約3000枚、CD,DVD
    それと、ちょっと古いカメラのミュージアム


    さて、ここは何屋さんでしょう?
    しかし、雑貨屋さんだと思われたのは初めてでした

     


    コメント
    コメントする









    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM